アメリカでCBDオイルを医療に取り入れている、

医師のフィリップ・ブレア博士から、伺ったお話を、紹介します。

フィリップ・ブレア博士の経歴

ブレア博士は、1972年に、アメリカ軍の陸軍士官学校を卒業した軍人さん。

その後、マイアミ大学・医学部を卒業し、軍医として活躍。

1991年の湾岸戦争にも従軍しました。

その後、開業医となって、CBDオイルを取り入れた医療を提供。

CBDオイルを使った治療の臨床経験は3,000人以上に上るそう。

アメリカのCBDオイルのパイオニア的なドクターです。

現在、80歳ですが、

身長180センチ以上あり、背筋がシャキッ!と伸びていて、

厳しい顔つきのいかにも、軍人さんという方。

でも笑うと、すごくチャーミングなおじいちゃん!

ブレア博士が3,000人以上の患者さんに実際に、

CBDオイルを使って、確認した効果をざっとまとめると・・・

ブレア博士が確認したCBDオイルの効果

【体の病気・症状】

●エンド・カンナビノイド・システム(ECS)に働きかけ、身体が本来持っている、自己治癒力を最大化させる

●アルツハイマー型・認知症の改善

●小児てんかんの改善

●脳の障害、外傷の改善

●喘息、肺の疾患を持つ人の、呼吸が楽になる

●がんの不快な症状を改善

●抗がん剤の副作用を軽減

●痛み、疲労感、関節炎の解消(免疫系に働きかける)

●関節の可動域が広がる(15−20%)

●やけど、切り傷、痛み、かゆみの改善(幹部に外用)

●標準治療の薬や治療法で治りにくい人に効果的

 

【心・精神】

●PTSD(児童虐待、戦争経験など)

●依存症の改善(タバコ、アルコール)

 

【健康な人】

●思考が明晰になる

●やる気が湧いてくる

●目の焦点が合う

●パフォーマンスが向上

●集中力が増す

 

【アスリート】

●反応速度の向上

●回復力が増す

●ストレスへの許容度を増す

 

【その他】

●睡眠の改善(寝るときはぐっすり、起きるときはスッキリ)

●時差ぼけの改善(体内時計を調整し、タイムゾーンに順応させる)

●使用した個人だけでなく、その家族にも作用(ファミリーダイナミクス)

●若返り

CBDオイルの使い方、注意点

●急性期(2-6週間)は、摂取量を増やし、症状が改善してきたら、一回の量を減らしていく

●作用の持続時間は、6-12時間(経口摂取の場合)

●「THC」(日本では違法)は、精神と体にダメージを与えるため、THCフリーのCBDオイルを使用すること

CBDオイルの効果をざっとまとめると、こんな感じだけれど、きっと、他にもっとあると思う。

それにしても、すごい効果に驚くばかり。

ちなみに、ブレア博士、ご本人がCBDオイルを飲み続けていちばん実感した効果は、「若返り」だということ。

ブレア博士はこんな方です。

ぜんぜん、80歳に見えない!

ブレア博士は、ご自分が経験した症例を5つお話してくださったけれど、

個人的には、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と、うつ病が改善してしまった

退役軍人の男性のケースがものすごく興味、深かった。

その話は、次回に続きます。

飛田貴生