新型コロナの重症化は、免疫の過剰反応

私の先生で、人間行動学の世界的権威の、

Dr.ジョン・ディマティーニは、

「新型コロナウイルス」のパンデミックについて、

「ウイルスそのものが問題なのではなく、

人々のウイルスに対する反応の方が、問題なんだ」

と、脳科学の視点から、自身の見解を述べています。

新型コロナで、重症化する人の体では、

「サイトカインストーム」と呼ばれる、

免疫機能の過剰反応(免疫の暴走)が、起きています。

体をウイルスなどから守る「免疫系」は、

普段は、正常に機能しています。

ウイルスなどの病原菌が外部から侵入すると、

それらをひとつ一つ、確実に、攻撃する。

しかし、その防衛機能が、暴走してしまうことがあるんです。

本来は、ウイルスを攻撃するのに、”ショットガン”で十分なはずなのに、

過剰反応して、”核ミサイル”の、スイッチを押してしまう。

すると、標的のウイルスだけでなく、自分の体の正常な細胞や組織まで、

大きなダメージを受けてしまいます。

つまり、免疫が暴走して、

自分で自分の体を攻撃してしまうということ。

免疫細胞の、「サイトカイン」と呼べれるタンパク質が、

体の中で、必要以上に生産されて、自分の体の細胞や組織を攻撃してしまうから、

「炎症」や「発熱」などの症状が、重症化して、

場合によっては、死にいたるのです。

因みに、世界中で5億人が感染して5000万人が死亡した、

1918~20年の、「スペイン風邪」も、「サイトカインストーム」が、

主な死因であったと言われています。

つまり、”ウイルス自体”が問題なのではなく、

”ウイルスへの免疫の過剰な反応”が問題であるということ。

言い換えれば、

”コロナ”が人を殺しているのではなく、

”コロナに対する免疫の過剰反応”で、

人が死んでいるということです。

「脳」は「免疫」を制御している

では、なぜ、免疫の過剰反応は、起きてしまうのか?

「それは、私たちの思考(マインド)が、

必要以上に、不安や恐怖を感じて、

新型コロナに、過剰に反応しているからだ」

と、Dr.ディマティーニは言います。

これは、「精神神経免疫学」(「精神免疫学」とも呼ばれる)

のことを、言っているのだと思います。

人間の「精神」(思考と感情)は、「中枢神経」(脳)を制御し、

「中枢神経」が、「免疫系」を制御していることが、

最新の科学研究によって、わかっています。

わかりやすく言うと、

人の「思考と感情」が「脳」に影響を与え、

「脳」が、「免疫」に影響を与えているということ。

だから、

「精神」→「神経」→「免疫学」

と、呼ばれるのです。

なので、必要以上に、新型コロナに”過剰反応”して、

不安や恐れを感じれば、感じるほど、

体の、免疫機能も、過剰反応を起こしてしまうということ。

つまり、新型コロナに対する必要以上の、

不安や恐れ(思考と感情の過剰反応)によって、

「サイトカインストーム」(免疫の過剰反応)が、

起きているというのです。

昔の人は、このことを、

「病は、気から」

と、言いました。

だから、もう、ネットやテレビの、

コロナのニュースを見すぎてはダメです!

世界に広がる「恐怖」というウイルス

感染症の世界的大流行を意味する、

「パンデミック」(Pan-demic)という言葉は、

ギリシャ神話に登場する牧羊神の

「パン」(Pan)に由来すると言われています。

”パンの雄叫び”は、聞いたものすべてを、

恐怖で混乱させることから、「パニック」(Pan-ic)の、

語源でもあるそう。

だから、今、世界中で大流行している、ウイルスは、

コロナではなく、恐怖なのです。

脳科学から見た 新型コロナ対策

前出の、Dr.ジョン・ディマティーニは、

脳科学の視点から、”新型コロナ対策”として、

3つの取り組みを推奨しています。

1つ目は、

ディマティーニ・メソッドや瞑想に、取り組むこと。

恐れや不安を司っているのは、脳の「扁桃体」です。

言い換えると、

恐れや不安に、心が支配されているときには、

「扁桃体」が、過剰に活性化しているのです。

ディマティーニ・メソッドや瞑想には、

”扁桃体の過剰反応”を抑制し、

不安や恐れを解消する効果があります。

最新の脳科学でも、瞑想を続けることで

「扁桃体」が縮小することが、わかっています。

2つ目は、

十分に水分補給をすること。

人間の脳の80%は、水でできています。

コップ何杯かの水を飲むだけで、

”脳が活性化”し、認知機能や、集中力、記憶力、

情報処理のパフォーマンスが向上することが、

科学研究でわかっています。

つまり、十分な水分補給によって、

脳を最適化することができるのです。

3つ目は、

「心から愛すること」を、行うこと。

「本当に大好きなこと」や、「心からやりたいこと」「ワクワクすること」をする、

「人生の目的・使命を生きる」と、言い換えることもできます。

Dr.ディマティーニは、これを、

”最高価値観”(highest value)

と呼んでいます。

人間の脳は、最高価値観を生きるとき、

最高のパフォーマンスを発揮するのです。

脳の大半のスペースを占める「グリア細胞」が、

心からやりたいことをやっているときに、最も活性化する。

つまり、大好きなこと、ワクワクすることをしているときに、

脳は、もっとも最適化されるのです。

CBDは「扁桃体」の過剰反応を抑制する

そして私は、4つ目に、

CBDオイルを摂取することを付け加えたいと思います。

大麻草に含まれる、有効成分「カンナビジオール」(CBD)には、

脳内でしあわせホルモン「セロトニン」や、

至福物質「アナンダマイド」の分泌を促し、

「扁桃体」の反応を抑制する、作用があります。

ある研究で、

”脳内の「アナンダマイド」の量と、

うつ病患者が感じる不安感の強さが反比例している”

ことがわかりました。

言い換えると、

”アナンダマイドの量が不足すればするほど、

より不安感も強くなる”

ということです。

CBDに強力な「抗不安効果」があることは、

数多くの動物実験や、不安障害の患者からのフィードバック(事例証拠)

からも、裏付けが取れています。

新型コロナと脳科学 まとめ

私たちの、思考(マインド)は、

「脳」を制御(コントロール)し、

「脳」は、「免疫系」を制御している。

これが、「病は、気から」の仕組みです。

(「思考は、現実化する」も、同じ原理)

だから、新型コロナ対策として、

もっとも、大切なことは、

”自分の思考を、整える”

こと。

そのために、ディマティーニ・メソッドや瞑想、

水分補給、CBDオイルは、とても有効なツールです。

思考を整えて、心が、恐れと不安から自由になったとき、

脳は、最適化され、免疫機能も、最適化される。

すると、人間に本来、備わっている防衛機能が、

新型コロナウイルスから、体を守ってくれるようになるのです。

ディマティーニ・メソッド無料メールセミナーは、コチラ

引用:
「脳科学と、ディマティーニ・メソッド」

「大麻とCBDと不安神経症 ストレスだらけの日常にCBDは役立つでしょうか?」

「フロンティアーズ・イン・ヒューマン・ニューロサイエンス」掲載の論文

『CBDのすべてー健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド』
アイリーン・コニェツニー (著),ローレン・ウィルソン(著),三木直子(翻訳)