我が家の外食は、インドカレーが8割

うちの、奥さんは、「インドカレー」が大好き。

飛田家の外食は、インドカレーが8割。

私は、ハンバーガー好きなので、たまに、「クアアイナ」や、

「シェイクシャック」、「ウマミバーガー」に行く。あとは、時々、お寿司。

けれど、飛田家で外食と言えば、ほぼインドカレー。

たまに浮気して、タイ料理に行くこともあるけれど、結局、「グリーンカレー」を食べる。

なんだ、やっぱり、カレーじゃんか!! 笑

私も、カレー好きだからいいのだけれど、なんで、うちの奥さんは、

こんなにインドカレーが好きなのだろう?

「過去生」がインド人だったのかな?

「アジアンビューティー」って、よく人に言われるし、出会った頃は、ヒラヒラした服をよく着ていて、

”ガンダムのララァ”

に似ているなって思った。

ダバ・インディアで ミールスを食す奥さん

だから、カレー好きなんだって、思っていたのだけれど、正直、ずっと謎でした。

けれど、最近、やっと、本当の理由がわかったのです。

アントラージュ効果

大麻草に含まれる有効成分の「カンナビジオール」(CBD)は、

他の大麻草の成分の「テルペン」や「フラボノイド」などと、一緒に摂取した方が、

”アントラージュ効果”

と呼ばれる相乗効果によって、何倍、何十倍も、効果的であることが、最新の研究でわかっています。

「アントラージュ効果」は、カンナビノイド研究のゴッドファーザー、

ラファエル・ミシューラム博士と研究チームが、1999年に発見し、

その後、カンナビノイド研究の世界的権威、イーサン・ルッソ博士が、より詳細にまとめ上げた考え方です。

つまり、CBDだけしか入っていない、CBDオイルよりも、「カンナビゲロール」(CBG)や、「テルペン」「フラボノイド」が入っている、

CBDヘンプエキスの方が、「アントラージュ効果」が働いて、はるかに効果が高くなるということ。

インドカレーの代表的なスパイスは「テルペン」

ちなみに、「テルペン」(テルペノイド)は、大麻草以外の、香草や植物にも含まれていているんです。

だから、みんな知らないうちに、摂取している。

実は、そういったテルペンは、「ブラックペッパー」や「クローブ」「シナモン」「ショウガ」

「コリアンダー」「ローリエ」などに、含まれているんですよ。

あ、気がつきました?

これって、ぜんぶ、”インドカレーの代表的なスパイス(香辛料)”なんです。

CBDオイルとインドカレーの相性は抜群

だから、インドカレーは、CBDとの相性が、バツグン!!

カレーを食べに行く前に、CBDを摂取しておくと、スパイスに含まれる、テルペンとの、

”アントラージュ効果”によって、CBDの効果を増強してくれる。

つまり、ブラックペッパー、クローブ、シナモンなどは、CBDの効果をパワーアップする、秘密のスパイスなのです。

うちの奥さんは、ラファエル・ミシューラム博士や、イーサン・ルッソ博士よりも、いち早く、その事実に気づいていた・・・。

うちの、奥さん、すげー!!

だから、飛田家の外食は、インドカレーが8割だったんだ・・・。

納得! 笑

インドカレーは、”CBDの最強のトッピング”なのです。

あ、でも、直接、上にかけちゃダメですよ。

イーサン・ルッソ博士の研究レポート

大麻草の有効成分「カンナビノイド」の研究で、世界的な権威と言われている、

イーサン・ルッソ博士が2011年に発表したレポートでも、

「CBDなどの、カンナビノイド、とテルペンを一緒に摂取すると、痛み・炎症・うつ病・不安症

依存症・てんかん・がん・細菌感染の治療に、相乗効果を発揮する可能性がある。」

と、書かれているんです。

そのテルペンが、一皿にぎゅっと、凝縮された、インドカレーは、まさに、「アントラージュ効果の、宝石箱」です!

インドカレーの代表的なスパイスに含まれている、主なテルペンを紹介すると・・・

抗炎症作用のある「βカリオフィレン」

ブラックペッパーや、クローブには、「βカリオフィレン」

というテルペンが含まれています。

このテルペンには、「抗炎症作用」と、「抗酸化作用」があることがわかっていて、

「慢性の痛み」(疼痛)の治療に使える可能性があることを示す研究結果もあります。

また、βカリオフィレンには、「抗不安効果」「抗うつ効果」があるという研究結果もあるんです。

鎮静作用のある「リナノール」

シナモン、ショウガ、コリアンダーには、「リナノール」というテルペンが含まれている。

このテルペンは、”ラベンダーの香り”の主成分で、気分を穏やかにする「鎮静作用」があるほか、「殺菌作用」「鎮痛作用」もあります。

さらに、免疫系の働きを高める効果もあります。

ちなみに、コリアンダーは、タイでは、「パクチー」、中国では、「シャンツァイ」(香菜)と呼ばれます。

記憶・注意力を高める「ピネン」

あと、ショウガと、コリアンダーには、

「記憶」と「注意力」を高める作用がある、「ピネン」というテルペンも含まれています。

リラックス効果のある「ミルセン」

最後に、ローリエに含まれるテルペンの

「ミルセン」には、「鎮静作用」「リラックス作用」があるほか、「殺菌・抗菌作用」もあるんです。

主なインドカレーのスパイスと、テルペン、その効果をざっくり、まとめると・・・

インドカレーの代表的なスパイスとテルペン

*()内は、含まれているテルペン

  • ブラックペッパー(βカリオフィレン)
  • クローブ(βカリオフィレン)
  • シナモン(リナノール)
  • ショウガ(リナノール、ピネン)
  • コリアンダー(リモネン、リナノール、ピネン)
  • ローリエ(ミルセン)

テルペンの主な効果

  • βカリオフィレン:抗酸化、抗炎症、鎮痛、睡眠補助
  • リナノール:鎮静、リラックス、睡眠補助、抗ストレス、抗不安、抗うつ、抗けいれん
  • ピネン:記憶、注意力、抗炎症
  • リモネン:ストレス緩和、抗うつ、抗不安
  • ミルセン:鎮静、リラックス、殺菌・抗菌、抗炎症

インドカレーは、美味しいだけなく、健康にも、いいことが、一目瞭然!!

さらに、「アントラージュ効果」で、CBDの効果を増強してくれる。

もうこれなら、飛田家の外食は、インドカレーが9割でもいいかも 笑

オススメのインドカレー屋さん

ダバ インディア (東京)

やっぱり、定番のダバミールスを食べたい!

世界アトミ食堂(横浜)

いつやってるかわからないカレー屋さん。

定番メニューの焦がしバターチキンは、絶品!

札幌スープカリー アナンダ (横浜)

スープカレーも美味しいけれど、

グツグツ煮えているキーマカレーがヤバい!

引用:

『CBDのすべてー健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド』
(アイリーン・コニェツニー/ローレン・ウィルソン著)

「香辛料・ハーブとその香り~香気生成メカニズムとその蓄積 飯島陽子」

「スパイスの科学」(武政三男著)

アーユルヴェーダライフ 代表的なスパイス一覧