抗生物質の効かないバクテリアが世界に蔓延

あらゆる抗生物質が効かない、「スーパーバグ」(超細菌)と呼ばれるバクテリア(細菌)が、

世界中の病院でじわじわと広がっていることを知っていますか?

これまで長い間、抗生物質を使いすぎてきたために、

薬に耐性を持つ新たなバクテリアが、作り出されていると、

WHO(世界保健機関)も、危険性を指摘しています。

「CBGはスーパーバグを死滅させる」とガーディアンが報道

そんな中、「大麻草」に含まれる有効成分の「カンナビゲロール」(CBG)が、

「スーパーバグを死滅させる」

ことが、最新の研究でわかりました。

英ガーディアン紙(web版)の報道によると、

世界中の病院に蔓延する、もっとも一般的なスーパーバグの、

「MRSA」(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を、CBGがとくに強力に死滅させることが発見された

というのです。

CBGは、「カンナビジオール」(CBD)と同じ、「カンナビノイド」(大麻由来成分)の一種で、

主な効果として、”抗菌作用”で、知られています。

CBGは、スーパーバグに対抗できる

カナダ・マクマスター大学の微生物学者、

エリック・ブラウン博士の研究では、マウスをMRSAに感染させ、CBGを投与したところ、

「バンコマイシン」(MRSA治療の第1選択薬)と同じぐらいの、治療効果があることがわかりました。

ブラウン博士は、

”CBGなどのカンナビノイドは、抗生物質として、スーパーバクに対抗できる可能性がある”

と期待し、研究を続けています。

CBG(カンナビゲロール)についてアメリカ最大の統合医療クリニックの院長、

チェン・ルアン博士が、解説している動画も、紹介します。

 


        

引用:
英ガーディアン
「カンナビノイドは、スーパーバグとの戦いの武器になる可能性がある」

エリック・ブラウン博士