腸に免疫細胞の7割が集結

人間に本来、備わっている、生体防御システムは、「免疫系」です。

多くのウイルスや病原細菌は、鼻や口から入って、腸などから、体内に侵入します。

だから、腸内には、そういったウイルスを迎え撃つ、

最強部隊の「免疫細胞」が配置されている。

「腸」には、全身の防衛システムを制御する、

”防衛司令部”があって、

”免疫細胞のおよそ7割”

が、腸に集結しているのです。

免疫が身体を守る仕組み

免疫細胞は、こんな風に戦う。

偵察部隊の「樹状細胞」(じゅじょうさいぼう)が、

敵ウイルスの情報をキャッチして、

最前線の指揮官「ヘルパーT細胞」に、伝える。

「ヘルパーT細胞」は、その情報をもとに、

攻撃部隊の「キラーT細胞」に、

ウイルスを迎撃するよう、指令を出す。

同時に、後方支援部隊の「B細胞」に、

敵の弱点となる最終兵器の「抗体」

をつくるように、指令を出すのです。

こんな風に、”精鋭の免疫部隊”は、

私たちの体を守ってくれる。*1

しかし・・・

「免疫力の低下」と「免疫暴走」

「睡眠不足」「偏った食生活」「不安・ストレス」

「激しすぎる運動」「体内時計が乱れるシフトワーク」

といった悪条件が重なると、”支援物資”が届かなくなって、

部隊の統制・コントロールが大きく乱れてしまう。

すると、”免疫部隊の力が弱体化”して、

ウイルスと戦えなくなってしまう。

逆に、免疫部隊の力が強くなりすぎて暴走し、

自分の体を”誤爆”してしまうことも・・・。

(サイトカインストーム、アレルギー、自己免疫疾患)

こんな風に、現代を生きる私たちの、

「免疫系」は、支援物資の不足によって、

適切に機能できていないことが多いのです。

CBDは、免疫機能を最適化する

「大麻草」に含まれいる、有効成分の「カンナビジオール」(CBD)には、

人間に本来、備わっている、生物学的なシステム

「エンド・カンナビノイド・システム」(ECS)に、働きかけることで、

”免疫系を最適化する”

ことが、最新の研究でわかってきました。

ECSは、”大麻草のような化合物”(カンナビノイド)

を体の中で作って活用し、あらゆる生体機能を、制御する仕組みです。

つまり、私たちは体の中で

”大麻草みたいな化合物”(カンナビノイド)

をつくって、利用し、健康を維持しているということ。

だから、全身のあらゆるところに、

”大麻草みたいな化合物”をキャッチして使うための、

”カンナビノイド受容体”

というものが、そもそも、存在している。

「CB2受容体」は「腸」に集中

受容体は「CB1」と「CB2」の2種類があって、

CB2は、「免疫系」(腸)に、もっともたくさん、分布しているんです。


だから、「CBD」(植物性カンナビノイド)を摂取すると、

腸のCB2受容体に、CBDが「ピタリ」とハマる。

すると、免疫系が、最適化されて、本来の機能を取り戻すのです!

つまり、CBDは、体のすべての機能を制御する、

”統合参謀本部”
(エンド・カンナビノイド・システム)

を、”活性化”させることで、その指揮下にある、腸内の、

”防衛司令部・免疫細胞部隊”を、最適化してしまうということ。

すると、”ウイルスから体を守る最強部隊”

は、再び、最高のパフォーマンスを発揮できるようになる。

ECSは、消化器官を制御している

ちなみに、カナダ・カルガリー大学のキース・A・シャーキー博士と、

米ミシガン医学消化器クリニックのジョン・ワット・ワイリー医師が

2016年に行った研究でも、事実上、すべての、消化器官の機能は、

エンド・カンナビノイド・システムによって、

制御されいると結論づけています。*2

毎日、質の高いCBDオイルを飲み、

「充分な睡眠」「バランスのいい食事」

「不安・ストレスのケア」「生活リズムの改善」

を心がけていれば、”鉄壁の免疫力”が、体を守ってくれる。

そうすれば、コロナウイルスなど、恐れるに足らずです。


引用:
*1
カラダの中から強くなりたい。知っておきたい免疫のこと

*2
脳腸軸における内因性カンナビノイドシステムの役割

CBDのすべてー健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド
(アイリーン・コニェツニー/ローレン・ウィルソン著)