ヨガ発祥のインドには、

「至福」

「あらゆる制限からの自由」

を意味する、

「アーナンダ」(Ananda)

という言葉があります。

「心と体を解き放ち、何にもとらわれない自由」

に到達することが、

”最高の至福”

であるということ。

この、至福に至ることが、ヨガの目的の一つでもあります。

一方、最新の脳科学の研究によって、

「大麻草」に含まれる有効成分の

「カンナビジオール」(CBD)には、

人間の脳に直接、働きかけることで、

「アーナンダ」の意識状態に到達することを、

サポートする作用があることが、わかってきました。

CBDオイルを使うと、

「アナンダミド」(anandamide)

と呼ばれる、 脳内ホルモン(神経伝達物質)が分泌されます。

「アナンダミド」は、不安やストレスを和らげて、

心を深くリラックスさせ、

”幸福感”

を感じられるようする作用があることから、

”至福物質”

と呼ばれています。

奇しくも、「アナンダミド」の名前の由来は、

サンスクリット語(古代インドの言葉)の、

「アーナンダ」(至福)から

来ています。

つまり、ヨガも、CBDも、目指すところは、同じ。

心と体を解き放ち、心が深くリラックスした状態である、

「至福」に、到達することなのです。