CBDオイルを使い続けていて、丸9ヶ月になるけれど、

本当に、たくさんの変化を体験しています。

不眠・睡眠障害の解消

最初の体感は、よく眠れるようになったこと。

以前は、布団に入っても、何時間も寝付けないことがあったけれど、

最近は、ほぼ数分以内に、眠りに落ちます。

しかも眠りが深い。

以前は、トイレに何度も起きることがあったのに、最近は、朝までぐっすり。

目覚めもよくて、スッキリ起きられる。

昼間も、眠くなることがほとんどありません。

乾癬・リウマチの症状の改善

次の変化は、持病の乾癬(皮膚病)の、症状が消えて無くなったこと。

私の場合は、薬を使う標準治療や、分子栄養学のサプリメント、

キネシオロジーの施術も併用していたので、その相乗効果ではあると思うけれど、

まちがいなく、CBDは、私の体にあっていたと思います。

また、もう一つの持病のリウマチの痛みも、今はまったくありません。

最近は、もう何ヶ月も、標準治療の、生物学的製剤「ヒュミラ」をサボっています。

リウマチ科の先生にきっと怒られると思うけれど 笑

怒りのコントロール

次の変化は、感情に飲み込まれなくなったこと。

以前は、奥さんとの喧嘩が、バイオレンスに発展して、

扇風機とか、食器とか、ゴミ箱とかがよく破壊されていたけれど、

(すべて私の仕業です 笑)

今は、喧嘩をして感情的になっても、飲み込まれて自分を見失うことがない。

私だけでなく、うちの奥さんも、最近は、ブチ切れることが減ったように思います。

もちろん、”喜怒哀楽”の感情表現は、人間にとって、とても自然なことなので、

怒ったり、落ち込んだりもするのですが、

そこに必要以上に振り回されてしまうことがなくなりました。

この話を、同じCBDオイルを使ってる知人に話したら、

「うち(の夫婦)も、まったく同じ!」と、笑っていた。

依存症の解消

次の変化は、「タバコを吸いたい!」という「渇望」が起きなくなったこと。

以前は、「タバコを吸う夢」をものすごく、頻繁に見ました。

きっと、これは、無意識の、強い欲求だったのだと思います。

映画・ドラマの喫煙シーンを見たときも、

「ああ、吸いたい」というスイッチが入っていた。

それで、奥さんに見つからないように、隠れて一服していたことも・・・。

これは完全な依存症です。

タバコのニコチン依存症だけでなく、

アルコール依存症も、ギャンブル依存症も、セックス依存症も

(テレビで話題のあの芸人さんも、きっと依存症なのでしょう)

脳の生理的な反応なので、意志の力で、自制するのは、極めて難しいことなんです。

つまり、「依存症」は、根性・理性でどうにかできるものではないということです。

でも、CBDを使い始めてから、

そういう依存症による、「タバコが吸いたい !!」という、渇望が起こらなくなった。

「タバコを吸う夢」も見なくなりました。

あとは、お酒の量も減った。

以前は、タバコやお酒で、ストレスを解消していたのだけれど、

今は、その必要が、なくなったのだと思います。

CBDを使うと、脳内でしあわせホルモンの「セロトニン」と、

至福物質の「アナンダミド」が分泌されます。

つまり、CBDには、「抗ストレス効果」と「抗不安効果」があるということ。

だから、タバコやお酒、ギャンブル、セックスなどで、

ストレスを解消する必要がなくなるのです。

あと、海外ドラマやアニメにハマってしまうこともなくなりました。

今振り返ると、これも、「依存症」の一つだったと思います。

「ウォーキング・デッド」や、「ゲーム・オブ・スローンズ」

「鬼滅の刃」「キングダム」「ソードアート・オンライン」

などを、前は、とりつかれたように観ていたけれど、(笑)

もう、ここ数ヶ月、まったく見ていません。

「現実逃避」をせずに、”自分の本質に沿った行動”

に、集中できるようになった証拠だと思います。

視力の回復

次の変化は、視力の回復。

以前はメガネがないと、パソコン作業ができなかったのだけれど、今では裸眼で大丈夫。

私は、乱視の入った近視だったのに、パソコンの画面の細かい文字も、

にじまずにハッキリ見えます。

最近は、映画を見るときぐらいしか、メガネをかけません。

うつ・無気力の解消、やる気アップ

次の変化は、うつと、無気力の解消。

前は、憂うつで仕方なくて、何もしたくないと思いながらも、

「そんなんじゃダメだ!」と、思って、

やるべきことをやろうとするけれど、結局できない。

焦りと、自己否定の入り混じった感情に飲み込まれて、

結局、何もしないという状態でした。

実は私のうつと、無気力は、「ステロイド精神病」と呼ばれる、

ステロイド剤の副作用だったのですが、

CBDを飲み始めてから、それが出なくなったんです。

今では、毎日、意欲的に、深く集中して、仕事ができるようになりました。

朝がとにかく苦手て、「朝活するやつは、頭がおかしい」

と言っていた私が、最近は、朝7時半から、仕事をしている。

で、夜は、23時ぐらいまで働くことも多い。

もう、Amazonプライムを見ているヒマがありません 笑

太りにくくなった

最後の変化は、太りにくくなったこと。

お正月に暴飲暴食したのに、ほとんど体型が変わらなかったのは驚きです。

そもそも、私は、太りやすい体質です。

食べたら、食べただけ、太ってしまう。

だから、定期的なダイエット・減量が必要でした。

でも、最近は、食事の量も減って、少量でも満足感がある。

間食もしなくなった。

たくさん食べられなくなったんです。

きっともう、「ラーメン二郎」は、完食できないと思います 笑

マルチタスク

最後は、「マルチタスク」ができるようになったこと。

以前は、私の「脳」は、一度に1つのことしかできなかった。

でも、今では、本業の心理セラピストの仕事をしながら、

ネットワークビジネスをバリバリやって、主夫の役目である、食事の支度も、きっちりこなします 笑

ボンゴレ・ビアンコだって、スーパーで活きあさりを買ってきて、砂抜きしてから、作ります。

こんな風に、CBDを使い始めてから、仕事も家事もこなす、

スーパー主夫として、大車輪の活躍ができるようになったんです。

ざっと、書き出したけれど、

これがCBDオイルをを9ヶ月飲んで体感した11の変化。

11の変化 まとめ

  1. よく眠れるようになった
  2. 「乾癬」(皮膚病)の症状が消えた
  3. 「リウマチ」の痛みがなくなった
  4. 感情に飲み込まれなくなった
  5. 「タバコを吸いたい」と思わない
  6. お酒の量が減った
  7. 「海外ドラマ依存症」の解消
  8. 視力の回復
  9. 「うつ」と「無気力」の解消
  10. 太りにくくなった
  11. マルチタスク

継続することの大切さ

で、改めて感じるのは、”継続することの大切さ”です。

私が体験した変化は、本当にすごいと思うけれど、

たった1滴のCBDで、すべてが劇的に変わった!

というようなものではありません。

私の机の上には、CBDオイルの空ビンが10本以上ある。

(なぜか捨てられない 笑)

お金もけっこうかかっていて、奥さんも飲んでいるから、何十万も使っていると思う。

そういう積み重ねの結果、今の私があるのだと思う。

でも、人って、どうしても、

「すぐに結果が出る」

「一瞬で変わる」

というのを期待してしまうもの。

私もそうだったから、偉そうに言えないけれど・・・。

でも、実際の変化って、すごくゆるやかなものなんです。

ずっと歩き続けていて、ある時、ふと、立ち止まって振り返ったら、

すごく遠くまで来ていたことに、気づくようなイメージ。

うさぎとカメのお話じゃないけれど、

根気よく、歩き続けた人が、結局は、

いちばん遠くまで行けるのだと思う。

これは、CBDに限った話ではない思うのですが。