私はもう、「禁煙」して2年近くになるのに、タバコを吸う人を見たり、

映画やドラマの中で、喫煙シーンがあると、

「タバコを吸いたい!」という強い衝動が起こります。

それに、タバコを吸っている夢を、すごくよく見る。

禁煙して、体からニコチンがすべて抜けているはずなのに・・・。

”脳は、タバコを吸う快楽”を記憶している。

喫煙によって、「ニコチン」を摂取すると、

脳内麻薬と呼ばれる、「ドーパミン」が分泌されます。

すると、

「ほっとする」「心がスッとする」「ストレスがとれる」

「おちつく」「気持ちがいい」「タバコがおいしい」

と感じる。

「タバコを吸う」→「ドーパミンが出る」

を繰り返すうちに脳は、

”ドーパミンによる快楽”

の、依存症になってしまう。

だから、禁煙して、体からニコチンが抜けたあとも、

「ドーパミンが欲しい!」(ああ、タバコが吸いたい!)

というスイッチが入ってしまうのです。

これは、「渇望」(クレイビング)と呼ばれる現象です。

ちなみに、米ニューヨーク州立精神研究所の調査レポートによると、

「タバコの依存性」は、67.5%で、「アルコール」(22.7%)の約3倍、

「大麻/THC」(8.9%)の7.5倍という、極めて高い数値。

これだけ見ても、いかに禁煙が難しいかがわかります。

ところが、私、CBDオイルを毎日、継続して6ヶ月以上、飲み続けたところ、

以前は、頻繁に見ていた「タバコを吸う夢」をまったく見なくなった。

さらに、目の前でタバコを吸う人を見ても、「吸いたい」という渇望が起きなくなって、

まったく、タバコを吸いたいと思わなくなったのです。

大麻草に含まれる有効成分「カンナビジオール」(CBD)を摂取すると、

脳内で、幸せホルモンの「セロトニン」や至福物質の「アナンダマイド」

が分泌されます。

すると、

「ほっとする」「心がすっとする」「ストレスがとれる」

「おちつく」「気持ちがいい」と感じる。

これは、CBDの「抗不安効果」と、「抗ストレス効果」と呼ばれるもの。

喫煙者は、強いストレスを感じるときに、

「タバコを吸いたい!」(ドーパミンが欲しい!)という、「渇望」が起きやすい。

CBDは、まず、このストレスを緩和する。

そして、「セロトニン」と「アナンダマイド」の

”W幸せホルモン”が、ドーパミンの代わりになることで、

渇望を抑制するのではないかと、推察されます。

ちなみに、CBDには、まったく依存性はなく、安全性は、

日本のドラッグストアで売っている「子供用の咳止めシロップ」と同じ、

「スケジュール5」という分類です。

なお、国際的な医学・科学系の出版社「エルゼビア」が

発行する科学雑誌にも、「CBDによって禁煙が成功した事例」が掲載。

CBDの禁煙効果は、科学的な「エビデンス」(証拠)があるのです。

現在、日本の「禁煙外来」で、健康保険が適用されるのは、たったの3ヶ月間。

もし、その間に、禁煙が成功しないと、「禁煙難民」になってしまう。

CBDは、そんな迷える人たちの、救世主になり得るのです。