私は、肢体不自由1級の身体障害者。

小学5年のときに、難病の「乾癬」(皮膚病)が発症し、

全身にうろこ状の湿疹ができるようになりました。

その後、28歳で関節リウマチを発症。

関節の骨が次々に破壊されて、あっという間に、障害者に。

その後、スピリチュアルマスターの、アラン・コーエンさんや、

人間行動学の世界的権威、ジョン・ディマティーニさんのワークで、

ヒーリングが起きて、劇的に症状が良くなったこともあったけれど、

その後、再発して、一時は、”ほぼ寝たきり”の状態に。

でも、2019年の一年間に、いろんな治療法に取り組んだ結果、今はすごく元気です。

2018年6月17日

2019年6月30日

2019年10月22日

この間、東京・町田の「かわせカイロプラクティック」で、

「ARテスト」というキネシオロジー(筋反射テスト)の検査を受けたら、

リウマチの反応も、乾癬の反応も、出なかった。

つまり、キネシオロジー的には、

もう私は、リウマチでも乾癬でもないということ。

実際、皮膚症状も今は、一切にないし、関節の痛みもありません。

で、かわせ先生に、

「飛田さん、もう治療に来なくていいですよ」

と言われたんです。

私、最初、自分の耳を疑いましたよ。

だって、小学5年から、47歳になる現在まで、

ずーっと、病院とか、その他の治療院に行き続けているけれど、

「もう、あんた来なくていい」

なんて、ただの一度も言われたことないから。

というか、私のような慢性疾患の患者に対して、

医者がそんな言葉を口にすることは、まずありえない。

だって、病気は、治らないのが、当たり前。

一生、病院に行って、薬を飲み続けるのが、当たり前。

残酷だけれど、多くの人にとっての現実は、そういうもの。

なのに、「もう、あんた来んでええよ」

と言われてしまって、私、放心状態 笑

しかも、乾癬は、「特定疾患」ですよ。

世の中には、なぜ病気が発症するのか、

どうやったら治せるのかが、

まったくわかっていない病気が130種類ぐらいある。

それを厚生労働省が「難病」(特定疾患)に指定しているんです。

で、そういう病気の患者の、医療費の負担を軽くしたりしている。

私、そういう病気の人なのに、もう、治療に行かなくていいらしい。

実際に、最近は、ものすごく体の調子がいい。

以前は、ほぼ寝たきりでずっとベットの上にいました。

個人セッションとか、セミナーのときは、鎮痛剤を飲んで仕事をする。

そんな感じだったんですよ。

なのに、今では、「ドラクエウォーク」で歩き放題。

2か月ぐらいで、33万歩(約231キロ)も歩きました 笑

私の場合は、生物学的製剤「ヒュミラ」という薬を使う標準治療と、

「分子栄養学のサプリメント」(ドクターズサプリメント)、

「フィシオエナジェティック」というキネシオロジー、

そして、「CBDオイル」と、あらゆることをやってきた。

きっそ、このすべての相乗効果で元気になったのだと思うけれど、

その中でも、やっぱり、「CBDオイル」は、決め手になっていると感じる。

私みたいに、医者から、「もう、あんた来なくていい」

と言われる人が、一人でも、増えたらいいなって思います。

そのために、これからも、自分の体験を伝えていこうと、思うのです。