アメリカの統合医療の医師で、「医療大麻」に精通している、

ダスティン・スラック博士が勧めている、

「マイクロドージング」と呼ばれる、CBD製品の摂取方法を紹介します。

この方法は、体全体には影響が出ないけれど、

ヒーリング効果が自覚できる、ごく少量の「カンナビノイド」

(大麻草に含まれるCBD、CBGなどの有効成分)を、摂取する方法です。

スラック博士は、クリニックで「医療大麻」を処方する中で、

非常に少量の「カンナビノイド」を摂取している患者の方が、

たくさんの量を摂取している患者よりも、より良いヒーリング効果が持続することを発見しました。

一人一人に、「スイート・スポット」と呼ばれる最低限の摂取量というのが存在していて、

その量を継続して飲むほど、効果が高いとスラック博士は言います。

<マイクロドージングのやり方>

Step1 

2日間、CBD製品を使うのを中止し、体からCBDを抜きましょう。

Step2 

CBDオイルを使う前に、「呼吸のしやすさ」「リラックス度」「幸福度、満足度」を10段階評価してください。

Step3 

CBDオイルを1ミリグラム摂取します。

Step4

45分後に、「呼吸のしやすさ」「リラックス度」「幸福度、満足度」のスコアを再評価してください。

Step5

体感・効果を感じるまで、1ミリグラムずつ増量しながら、45分に1度のペースでCBDを摂取してください。

Step6

体感・効果を感じた時点で、過去4時間に摂取した量があなたの最低限の摂取量(スイートスポット)です。

引用:
Green Zone Japan Seminar Vol.1

CBDのすべてー健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド
(アイリーン・コニェツニー/ローレン・ウィルソン著)