この前、メガネを踏み潰して、壊しちゃいました。

ツルの部分がボキッと、真っ二つに。

ああ、やってしまった・・・。

仕方がないので、2年以上前に使っていた

古いメガネを使うことに。

視力が悪化して、もう度数が合っていないメガネです。

でも、ないよりはマシかと思って、とりあえずかけてみたんです。

そうしたら、なんと、すごくクッキリ、ハッキリ見える。

なぜか、度数が合っているのです。

それでふと、気づいたんです。

私、パソコン作業のときにメガネをかけているのですが、

最近は、メガネ(壊してしまった方)を、無意識に、

おでこの方にずらして、裸眼で作業してたことに。

つまり、知らないうちに、視力が回復していたのです。

まさか、これも、CBDの効果なの?!と、半信半疑でしたが、

それ以外に理由が見つからない・・・。

ちなみに、視力の回復に気づくまでに、

CBDオイルを摂取した期間は、約9か月です。

私は、持病のリウマチと乾癬(皮膚病)の改善のために、

一時、標準摂取量の2〜4倍の量を飲んでいましたが、

症状が改善した5か月目からは、標準量に戻しました。

CBDオイルを飲み続けることで経験する変化は、

とてもゆるやかなものなので、注意深く、

自分を観察していないと気づかないもの。

私も、メガネを壊さなければ、

視力の回復に気づけなかったと思います 笑

果たして、今後も、CBDを飲み続けることで、

さらに、視力が回復していくのでしょうか。

経過観察を続けたいと思います。

*このブログでは今後も私がCBDオイル使って

実際に体験したことを、「事例証拠」として紹介ていきます。

事例証拠は、個人の体験を主観的に報告したもの。

医学の世界では、科学的研究に裏付けされた、

エビデンス(証拠)があるものだけが信用される傾向があります。

しかし、「カンナビジール」(CBD)の原料となる「大麻草」は、

日本でも海外でも、規制薬物に指定されているため、

科学的な研究が極端に制限されています。

(特に日本では一切、研究できません。)

そういう事情もあるため、今後、日本、そして世界で

さらに、CBDを普及させ、たくさんの人の手に届けるために、

事例証拠は、とても有効であると考えます。