私たち人間の体、そして、昆虫以外のすべての地上の生物の体には、

「大麻草」に含まれる有効成分を、受け取って、分解し、利用する、

「エンド・カンナビノイド・システム」(ECS)と呼ばれる、

生物学的なシステムが、生れながらに備わっています。

大麻草はの学術名は、「カンナビス」。

エンドは、「内因性」。

ノイドは、「〜のようなモノ」という意味。

つまり、”人間の体の内部で、大麻草のような化合物”(エンド・カンナビノイド)を生成して、

活用するシステムが存在しているということ。

この生物学的なシステムは、1994年に、「カンナビノイド研究のゴッドファーザー」と呼ばれる、

イスラエルの、ラファエル・ミシューラム博士と研究チームによって発見されました。

ECSは、人間が地球上で生きていくために欠かせない、

「睡眠」「食欲」「消化」「空腹感」「運動制御」「免疫機能」「生殖機能」「受胎機能」

「快楽と報酬」「痛みと炎症」「記憶」「体温調整」「感情」「ニューロン新生」「認知」といった

あらゆる生理機能を制御する、「マスター・コントロール・システム」です。

私たちの体に、十分な量の「カンナビノイド」があるとき、肉体の内部環境を一定の状態に

保ちつづけようとする力である、「ホメオスタシス」(恒常性)が正常に働くことで、

心も、体も、そして、魂も、健全な状態をキープすることできる。

しかし、一旦、「カンナビノイド」が欠乏してくると、

うまく、身体の生理機能を、コントロールできなくなって、健康も、徐々に損なわれてしまうのです。

「大麻草」には、ECSのパワーの源である、「カンナビジオール」(CBD)や、

「カンナビゲロール」(CBG)といった「植物性カンナビノイド」が、

含まれているので、ECSの働きを、サポートする効果があるのです。

「植物性カンナビノイド」が含まれた、CBDオイルを毎日の生活に取り入れると、

体内の「マスター・コントロール・システム」が、

最高のパフォーマンスを発揮して、あなたの体と心と魂を最適化してくれます。

引用:
CBDのすべてー健康とウェルビーイングのための医療大麻ガイド
(アイリーン・コニェツニー/ローレン・ウィルソン著)