「瞑想」(マインドフルネス)には、脳を進化させる効果があります。

アメリカのハーバード大学の研究者、サラ・ラザーさんらの研究によると、

長年、「瞑想」をしている人の「大脳皮質」(だいのう・ひしつ)は、

瞑想しない人と比べ、「知覚」「運動」「思考」「推理」「記憶」など、

脳の上位の機能を制御する部分が、厚くなっていることがわかりました。

つまり、瞑想には、”脳の筋トレ”と同じ効果があるということ。

瞑想によって、物理的に、脳を進化・バージョンアップできることが、

最新の脳科学で証明されてるのです。

「大麻草」に含まれる、「カンナビジオール」(CBD)を摂取すると、

神経伝達物質の「セロトニン」と「アナンダマイド」が分泌される。

すると、脳内が、「瞑想」したときと似た状態になる。

CBDオイルが、「飲むマインドフルネス」と呼ばれるのはこのためです。

さらに、CBDは、人体に本来、備わっている、生物学的なシステム

「エンド・カンナビノイド・システム」に働きかけることで、

「脳の神経細胞の成長と発達」(ニューロン新生)を、促進する効果があるのです。

CBDオイルを飲むと、脳内でシナプスがつながり、新しい神経ネットワークが構築されていく。

つまり、CBDには、脳を進化・バージョンアップさせる効果があるということ。

しかも、「毎日、飲むだけ」という、カンタンさです。

瞑想で、脳が物理的に変化するのに必要な期間は、約8週間。

これを一つの目安に、

CBDを飲むだけの「脳トレ」を、続けてみませんか?