CBDオイルを何ヶ月も飲んでいるうちに、太りにくくなりました。

私はもともと、すごく太りやすい体質で、

食べたら食べただけ、体重が増えてしまう。

子供の頃は、完全に肥満児。

小学校低学年で、体重が65キロもありました。

アダ名は、「とびブタ」と、「とびブッチャー」・・・汗

その後、高校生のときに、厳しい減量をして痩せたものの、

気を抜いて食べ過ぎると、すぐに体重が戻ってしまいズボンが入らなくなる・・・。

なので、またすぐに、ダイエットをして体重を落とす。

で、また気を抜くと、太るから、またダイエットする。

という、不毛なサイクルをずっと、繰り返してきた・・・。

けれど、CBDオイルを飲み続けていたら、何の努力もせずに、

自動でベスト体重をキープできるようになったんです。

人間の体には、「大麻草」に含まれる、有効成分を、受け取って、分解し、利用する、

「エンド・カンナビノイドシステム」(ECS)と呼ばれる、

生物学的なシステムが、本来、備わっています。

ECSは、体全体の「ホメオスタシス」(恒常性)の維持のために、

24時間365日、休まずに働いている、マスター・コントロール・システムです。

「ホメオスタシス」(恒常性)は、

”自動で、体の均衡(バランス)を取ろうとする仕組み”。

例えば、スポーツや運動をすると、体温が上がります。

すると、上がった体温を元に戻すために、毛穴から汗を出して、体を冷却する。

すると、今度は、血中の水分が足りなくなるから、

”喉の渇き”を訴えて、失った水分を補給するように仕向けるのです。

こんな風に、「ホメオスタシス」は、体の状態が一定になるように、

常に、「均衡」(バランス)を維持している。

けれど、体の中の「エンド・カンナビノイド」

(体の内部で生成される、大麻草のような化合物)が欠乏してくると、

「ホメオスタシス」が正常に働かなくなり、バランスが崩れてくる・・・。

すると、

食べ過ぎてしまって、太ったり、

拒食になって、痩せすぎてしまう、

ということが起きてくる。

つまり、体のバランスの制御ができなくなってしまう・・・。

「大麻草」に含まれいる有効成分の「カンナビノイド」(CBDや、CBG)には、

ECSに、エネルギーを供給して、働きをサポートする効果がある。

だから、CBDオイルを、継続して飲んでいると、

「ホメオスタシス」が正常に働いて、

体が自動的に、バランスを取るように、最適化される。

太りすぎの人は、痩せる、

痩せすぎの人は、太る、

といったように、体にとって最適なコンディション(体重)

に自動でキープされるようになる。

私は、CBDを飲むようになって、格段に食事の量が減りました。

最近は、奥さん(体重45キロ、身長152センチ)よりも、

少ない食事の量で、満腹になる。

ちなみに、私は、体重65キロ、身長171センチ。

前は、「クア・アイナ」のチーズバーガーセットを、

ぺろっと食べられたけれど、今はもう、無理。

フライドポテトまで食べきれないので、

チーズバーガー単品で十分です 笑

私の体に設定されている、

”最適な食事量で満腹になる”

ように、ホメオスタシスが最適化したからだと思う。

あと、自分の体が必要としている食べ物が、

以前よりも、分かるようになった。

飛田家は、基本、野菜が中心なので、肉が少なめ。

すると、私の体は「肉を食わせろ!」モードになる。

で、スーパーでステーキ肉を買ってきて、お昼に食べたりしている。

あとは、スナック菓子と、炭酸ジュースを、

あまり、食べたいと思わなくなった。

前は、毎日、一袋のポテチを食べていたし、

コーラや、エナジードリンクも飲んでいたのに・・・。

ホメオスタシスの働きで、余分なもの、必要ないもの

を体が求めなくなったからだと思う。

あとは、「カンナビジオール」(CBD)には、

脳内で幸せホルモンの「セロトニン」と、至福物質の「アナンダマイド」を分泌し、

ストレスを和らげる効果(抗ストレス効果)があるので、

”ストレス解消のための、飲食”

が、必要なくなったことも大きな理由だと思う。

CBDは、ホメオスタシスに働きかけることで、

体を、本来のバランスの取れた状態に、最適化してくれる。

だから、ある人にとっては、「ダイエット」(減量)の効果があるし、

ある人にとっては、「体重増加」の効果がある。

無理なダイエットによって、健康を害してしまう人

もいるけれど、それでは本末転倒です。

CBDは、体に本来、備わっている、

”「均衡」(バランス)を取り戻す力”

を目覚めさせる。

そうすることで、あなたの体型と、健康を、

”ベストコンディション”に、キープしてくれるのです。